デリ風『きのこと鶏むね肉のアンチョビーソテー』by 鳴川睦

デパートの地下などで見かけたデリカテッセンの料理をじーっと見つめ、自宅に帰って自己流に再現してみる想像料理、今回はその第二弾『きのこと鶏むね肉のアンチョビーソテー』です。ちなみに第一弾はデリ風のキヌアを使ったサラダでした。

これは料理名だけで、ある程度の材料の推理が出来ました。また、きのこと鶏肉にまぶされていた細かく刻まれたニンニクと、きらりと赤く光る鷹の爪で、大体どのように味付けされているかも想像に難くありません。

Z1412image.jpg

写真:上「おさかなボウル(Z1412-912)」,左から「銘々皿(Z1951-42),(Z1951-167A),(Z1951-41)」

作り方は、フライパンに熱したオリーブオイルにみじん切りしたニンニクとアンチョビー、鷹の爪を投入。そして、削ぎ切りした鶏むね肉を炒め、お好みのきのこ(マッシュルーム、舞茸、しいたけ、エリンギ、しめじ等)を入れて、塩コショウで味付ける。盛皿に移して、刻んだパセリを振りかけて出来上がりです。

実に簡単な料理ですが、とても美味しく、夏に向けて引き締めたい方にもおすすめの健康的な一品。冷やした白ワインやスパークリング、軽やかな赤ワインにもとても合います。

“デリ風『きのこと鶏むね肉のアンチョビーソテー』by 鳴川睦” への2件の返信

  1. こんにちは!

    再現料理「第2弾」、ありがとうございます(笑)

    私は おさかなボウルが大好きです!
    食卓に器で変化をつけたいときには、 
    これを選んで主菜を盛りつけています。
    食器のインパクトに反応したらしき家族から
    「うわあ~」と声が上がろうものなら、
    料理の内容はともかく、、、何故だかどや顔に?
    とても、楽しんで使っています。

    紹介していただいたソテーは、冷菜としてもイケそうですか?
    何種類ものキノコ。 冷めても味のハーモニーが絶妙でしょうね。
    冷えたワインとこの一品で、
    週末の晩ごはんを涼やかにいただこうと思いました。

  2. る~ぽんさま

    コメントをありがとうございます。
    おさかなボウル、楽しんでいただけて嬉しいです!
    テーブルセッティングに変化やインパクトは重要ですよね(笑)。

    このソテー、冷めても美味しいので、
    前菜の一品として、またお弁当にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + sixteen =