スクエアのオーブン皿をフライ用のバットとして使ってみる by 鳴川睦

以前、焼きあがったパンをのせる時に
スクエアのオーブン皿にフライ用の網を敷いたらぴったりだった!
との立花からの報告を覚えていらっしゃる方も多いと思います。

そこで、具体的にはどんな規格のものがぴったりなのか、
立花と二人で金物屋さんに出かけて調べてきました。

それがこれ!
寸法165×212mmの「21枚取用」という規格でした。
V149with21_2.jpg
21maidoriyou_ami.jpg

金物屋さんに伺ったところ、
バットのサイズは「○○枚取」という呼び方をするそうで、
それに適合した網には「○○枚取用」と表記されています。
価格シールは目安になるかな~と思い、あえてそのままにしました。

取りあえず手元にあったケルセンで取り扱っている2種(VENA,WIZA)で
試してみたところ、いずれも少しの遊びはあるものの、
実用性では問題のないぴったり感でした。
W225_25D_bat.jpg
写真:オーブン皿・スクエア・大(W225-25D)
V149with21.jpg
写真:オーブン皿・スクエア・大(V149-U006)
残念ながらザクワディのスクエア・大が手元に無かったので
今回は実験することができませんでしたが、
合うようなら商品ページで反映させようと思っています。

焼きたてのパンやお菓子、フライや天ぷらなどは
皿に直に置いてしまうと熱を逃がし切れず湿ってしまったり、
油が十分に切れずベタ付いてしまいますが、
これでもう大丈夫!

私もフライや天ぷら類は、ステンレスのバットに取って、
そのままテーブルに出したりしていましたが、
これからはこの組み合わせでテーブルに出し、
バシバシ使っていくことになりそうです。

“スクエアのオーブン皿をフライ用のバットとして使ってみる by 鳴川睦” への4件の返信

  1. 素晴らしい!! ブログの記事を拝見したとき
    この使い方は さすがお店の方と感心もしましたし
    是非、自分も~とまた収集意欲を掻き立てられました。
    読者の方のコメントにもありましたように
    金網サイズによるなぁ。。と思っておりました。
    それをきっちり調査なさり、紹介される。
    出来そうで出来ない事です。
    こういうところが Kersenさんの素晴らしい☆ところだと
    感激いたしました。

  2. Misaさま

    ご参考いただけたようで嬉しいです!

    バットのサイズは「○○枚取」という規格だと
    金物屋さんで聞いた話もとても興味深い話でした。

    一枚の金属板から何枚のバットが製造されるか
    という業界内規格の数値、
    従って数字が小さくなるほど大きいサイズになる、
    というのも私にとって新しい発見でした。

    ポーリッシュポタリーを使うにあたって、
    お役立ていただけるような内容をなるべく具体的に
    そして楽しくお伝えできるよう頑張ります!
    温かなコメントをありがとうございました。

  3. ありがとうございます、ありがとうございます!!
    あえて金物屋さんでバットを入手されるところがさすが
    ケルセンです!

    ザクワティのクールなプレートでも是非ご検証を
    よろしくお願いいたします。
    どんな雰囲気になるのでしょうか???
    和食や串揚げに合いそうだな、なんて今から楽しい想像を
    膨らませています。

  4. allitaさま

    コメントありがとうございます。
    ザクワディのスクエアなタイプに合うかどうか、
    只今実物を倉庫から取り寄せるようにしていますので
    もうしばらくお待ちください!

    オーブン皿についても、各社少しずつフォルムが違い、
    側面の立ち上がりの角度なども微妙に違ってきますので、
    やはり実際に試してみないと分からないですね。

    ザクワディは確かに和食にもぴったりの柄が多いですから、
    とうもろこしなど、茹で上げて水を切りたい食材にも合いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + 3 =