ドーナツの日 by 立花

テレビやラジオでよく耳にする「今日は○○の日」というフレーズ。
歴史的な出来事のあった日はもちろんですが、各地域での行事やお祭り、企業が独自に定めた記念日など、調べてみるとなかなかユニークです。
毎日何かしらの記念日やお祝い事があると思うと、なんだか楽しい気持ちになりますね。

6月の第1金曜日は、アメリカでは「ナショナル・ドーナツ・デー」といってドーナツの日なんだそうです。イースト入りの生地はふわふわで柔らかく、優しくて甘い生地の香りが大好きです。

ポーランドのドーナツと言えば、脂の木曜日でもおなじみのポンチキですよね。
この日はレモンのクリームを中に入れて、ポンチキ風のドーナツにしてみました。
doughnut1.jpg
写真:平皿φ17cm(V195-A001)、ポーリッシュマグ・大(V352-U198)、オーブン皿・スクエア・大(V149-U199)

だんだんと蒸し暑くなってくる季節へ移ってきましたが、柑橘系の爽やかな香りは気分をすっきりとさせてくれます。

スクエアタイプのオーブン皿は底に網を敷くことで、ドーナツやフライなどの揚げ物にも対応できる優れものです。
doughnut2.jpg
過去のブログでも紹介していますので、是非こちらも参考にしていただけたら嬉しいです。

2015年2月16日「スクエアのオーブン皿をフライ用のバットとして使ってみる by 鳴川睦
2015年1月30日「オーブン皿 by 立花

2 Replies to “ドーナツの日 by 立花”

  1. レモンのクリームのドーナツ美味しそうですね。お隣ドイツのベルリーナーそっくりで食べたくなりました(あちらはりんごやイチゴジャムでした)。黄色の鮮やかさが夏場の食卓に爽やかさを感じさせてくれて素敵です。
    私は専らモスキートとピーコックアイなんですがこういうのも欲しくなります。

  2. ぺっぺさま
    ドイツのベルリーナ―、さっそく調べてみると本当にそっくりでびっくりしてしまいました!りんごやいちごのジャムもまた美味しそうです。
    黄色がたくさん使われているデザインは見ているだけで元気をもらえるような、夏にぴったりなデザインでとてもおすすめです。
    ピーコックアイなどの伝統柄と組み合わせるとお互いの絵柄をより引き立たせてくれるかもしれません。
    嬉しいコメントをありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 1 =